歯科医院で使われる抗生物質種類

歯科医院でも歯周病の治療など通常の治療と異なる種類の治療によっては治療後に抗生物質の処方箋が出されることがあります。その場で薬をもらうケースは少ないですが、近くの調剤薬局などで購入することが出来ます。最近ではジェネリック医薬品なども広く普及していますので、実際に薬を購入する際にいくつかの種類の中から選べる場合もあります。歯科医院で処方される抗生物質はどのようなものであっても決められた機関に飲み切ることが大切です。そのことについては薬がどのようなものに変わったとしても、変更になることはありません。

歯科で渡される抗生物質は飲む

歯科、特に口腔外科で親知らずや虫歯の抜歯などの手術を受けた後に貰う薬の中には抗生物質が含まれていることがほとんどです。手術後は体力が低下して免疫力が下がりますし、口内の手術では術後しばらく食事を摂ることが難しくなりますから、傷口から細菌などが入って傷口が化膿してしまったりすることが考えられます。それを防ぐために歯科の先生は抗生物質を処方し、それらを飲むことで傷が悪化することを予防しているのです。ですから、病院で貰った薬は身体の調子の良い悪いに関わらず、必ずきっちりと処方された日数分を正しい要領で飲み切りましょう。

↑PAGE TOP