歯科で抗生物質を軟膏で出す理由

歯科では歯茎を治療したり、抜歯や虫歯を削るなど様々な施術が行われます。しかしその結果、炎症を起こしたり細菌に感染してしまうという可能性も少なからずあります。そのためそれに備えて抗生物質を塗布されたり提供されることが多いです。その際に軟膏を支給されるというケースがほとんどです。その理由として経口摂取のものでも効果はありますが、口腔器官というピンポイントできかない可能性もあります。他の部位に作用して十分な効果が得られないよりは塗布できる方がより確実に効果を与えることができます。また口腔内は絶えず唾液があふれ、塗っても落ちてしまう為歯科では何度も塗れるように選ばれることが多いです。

病原菌の増殖を抑える

歯科に限らずあらゆる病気に対して病原菌の増殖を効果的に抑えることができる有用な薬剤が抗生物質なのです。抗生物質は、主にびょうげんきんの微生物に作用して、感染症の原因となる病原菌を治療するための原因治療法ざいであり、生体には、殆ど影響を及ぼさないという特徴があります。そして、副作用も少なく歯科治療以外にもかんせんしょうの治療に広く使用されています。ペニシリン系は最も早く発見され、いろいろな種類のさいきんに効果的に効くペニシリン剤などがあります。また、セフェム系の薬剤は、効力の強く、安全性の高い薬剤が開発されています。

↑PAGE TOP